小規模多機能ホーム

小規模多機能ホーム(小規模多機能型居宅介護)とは

住み慣れた地域で「通い」のサービスを中心とし、必要に応じ「宿泊」や「訪問」サービスをご利用いただき、顔なじみのスタッフが全てのサービスに対応するのが特徴です。
 

小規模多機能ホームでの一日(例)

小規模多機能ホームでの一日(例)

よくある質問

小規模多機能ホームのサービスは?

介護が必要になっても住み慣れたご自宅・地域社会で安心して生活を送れるように『通い(デイサービス)』『訪問(訪問介護)』『泊まり(ショートスティ)』を必要に応じて受けられるサービスです。

費用はどのくらいかかるの?

要介護度に応じて利用料が変わりますが、月額定額制のため、利用料金の心配せずに多くのサービスが

受けられるところがお得です。

通いの利用時間延長の場合の料金は?

追加料金はありませんが、夕食後ご帰宅の場合は夕食代が必要です。

ケアマネージャーは変わりますか?

小規模多機能ホームのケアマネージャーがケアプランの作成を行いますので変わります。

小規模多機能ホームと併用して利用できる他のサービスは?

在宅サービス限度内で訪問看護、訪問リハビリテーション、居宅療養管理指導、

福祉用具等が利用できます。

利用相談はどこにしたらよいですか?

  • 最寄りの小規模多機能介護事業所
  • お住まいの市役所または区役所
  • 地域包括支援センター
  • 医療機関の相談窓口
  • 居宅介護支援事業所

ご利用者&ご家族の声

通いのデイサービス機能、訪問介護、宿泊サービスを本人や家族の状況に応じて組み合わせてくれるので小規模多機能ホームのサービスを大変気に入っています。地域密着型の介護サービスなので運営体制もしっかりしているようで、市内にある介護サービスとして親しみやすく利用させて頂いています。