ブログ

グループホームの日常:川口峯

世間は「新型コロナウイルス」の話題で満載ですね。

みなさん、大丈夫ですか?

ホームでも「手洗い・うがい・消毒」を徹底しています。

 

今は外出などもできないので、ホームの日常を書いてみようと思います。

 

グループホームは日本語では『認知症対応型共同生活介護』と言います。

何でも職員に『やってもらう』のではなく、共同生活の中で

『自分で出来る事は自分で行い』、出来ない事を職員が手伝います。

と言っても、その時の「調子」「気分」「体調」などを職員が見極め、

利用者様に無理の無い範囲で行ってもらいます。

何でもかんでもやってもらうのは大変ですからね。

 

 

生活の中で出来る事となると、

「料理」「洗濯」「掃除」などの、家事が多くなります。

やっぱり、長い人生の中で身についた事というのは、忘れないで出来るんですね。

・綺麗に盛り付けしてくれる人

・きっちり畳んでくれる人

・隅から隅までテーブルを拭いてくれる人

全部できなくていいんです。座ってるだけより、遥かに運動になります。

高齢になりますと、筋肉もすぐに衰えてしまいますからね。

 

【出来る事】を役割に感じてくれて、やる気に繋がってくれると活気も出てきます。

 

 

土地柄か、川口峯には男性の利用者様も多いです。

「男子厨房に入るべからず世代」。

家事は苦手な人もいますが、【男性だから出来る事】もあります!

「荷物運び」「刃物研ぎ」「庭作業」など

川口の男性陣は色々やってくれております!

 

 

【出来る事】があるって、やっぱり嬉しいですよね。

座っているのは安全です。何かを『やってもらう』のは、

もちろんリスクもありますし、出来そうな事を見つけるのも難しいです。

けど、「あんな事できたんだ♪」「こんな事も出来るようになった♪」という

発見は僕たち職員にとっても、とても嬉しいんです。

 

 

珍しく真面目モードになりました(笑)

ちなみに写真は、昔いた出来る人のではありませんよ?

すべて、現在入居している利用者様です。

 

管理者